logo

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Reports Connect for Salesforce 複数の帳票を一つのPDFファイルとして出す | トップページ | ver1.11以前のReportsConnectをアップデートする際の注意 »

これでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforce その3

Reports Connectサポートフォーラムを公開しました。

技術的質問はこちらへどうぞ

これでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforce その2の続きです。

前回の記事で、帳票レイアウトファイルreport1.jrxmlが出来上がったので、これをReportsConnectの帳票に取り込みます。

やり方は簡単。Salesforceの帳票レコード画面から、該当の帳票レコードにファイル添付するだけ。

Irpds17_2
こんな感じで、添付できました。

Irpds18_2
では、印刷してみましょう、印刷テストボタンを押します。Irpds19_3
あれ~。こけた。例外が発生している模様。

Irpds20

こういう場合は、データの確認の方のボタンを押すと原因が分かりやすい。
Irpds21
なに、なに、例外が発生しています...
恐らくReportのプロパティのLnguageがGrrovyになっています...と。

親切にも問題解決のヒントを教えてくれます。

Irpds22
ヒントで指摘されたのは、iReportでいうと↓の個所。
左のウインドウで、Report名を選択して、右のプロパティのLannguageの個所。
たしかにGroovyになっています。

これは、iReportに付いてくるテンプレートがなぜかこういう設定になっているためにおこる現象と思われます。

この属性をGroovy→Javaに変更して保存して、再度、帳票レコードに添付し直します。

Irpds23

注:2013/09/10現在、ReportsConnectはGroovyをサポートするように修正されたため、上記エラーは発生しません。

今度は、いきなり印刷テストを押さずに、先にデータの確認を押してみる。
すると....あれ、また例外が発生。
ヒントを見ると、どうやらcherry.jpgファイルが必要なようだ。

Irpds24
帳票のヘッダーに使われているチェリーの絵だね。jrxmlを出力したフォルダーを見ると、同じフォルダーにcherry.jpgも出力されている。
このファイルも添付してやる。

Irpds25
チェリーの絵をアップロードして、再度データの確認を押すと、今度は例外が出ていないようなので、テスト印刷を押します。
すると、処理中のウィンドウからダウンロードのダイアログが出ました。

なお、私はFirefoxを使用していますが、他のブラウザーの場合はダウンロードの出方が違うと思います。

Irpds26

プログラムで開く でAdbe Readerで開けば...

Irpds27
おー、PDFの帳票がちゃんと出来上がりました。すごい!立派!

なお、IEの場合でダウンロードがうまくいかない場合は、以下のページあたりを参考にしてください。

IE でファイルのダウンロードができないときのトラブルシューティング

以上が、ReportsConnectを使用した帳票開発方法のご紹介。
SOQLさえ書けば、コードを一切書かずに帳票ができました。

さて、次回は、完成した帳票を自前のアプリケーションから出力する方法を解説します。

« Reports Connect for Salesforce 複数の帳票を一つのPDFファイルとして出す | トップページ | ver1.11以前のReportsConnectをアップデートする際の注意 »

Force.com」カテゴリの記事

Reports Connect」カテゴリの記事

Salesforce」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482716/47664188

この記事へのトラックバック一覧です: これでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforce その3:

« Reports Connect for Salesforce 複数の帳票を一つのPDFファイルとして出す | トップページ | ver1.11以前のReportsConnectをアップデートする際の注意 »