logo

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Reports Connect for Salesforce / for kintone QRコードの出力 | トップページ | Reports Connect for Salesforce: json型式のパラメーターによるsubreportの作成方法 »

Reports Connect for Salesforce / for kintoneグラフの出力

Reports Connect for SalesforceReportsconnect for kintoneで、グラフを出力する方法について解説します。

例として、出力する帳票はReports Connect for Salesforce 標準画面からの印刷呼び出し方法で使用した見積書を使用します。

まず、iReportで該当のjrxmlファイルを開きます。今回はSummaryBand部分に、商品コード別に売上個数をグラフ化したものを出力する事にします。

まず、パレットからChartを選択してSummaryにドラッグ・アンド・ドロップします。

1_2

次に、グラフの種類を選びます。今回は縦棒グラフを選択。

2_4

Wizardの最初、Datasetは「Main report dataset」のまま次へ。

Seriesは今回は売上なので「売上金額」 。

4

Categories and Valuesは

最初の項目CategoryexpressionがX軸ですので「商品コード(のAPI参照名)」。

ValueはY軸。数値の項目ですので「new java.math.BigDecimal(金額(のAPI参照名))」としてください。

5

完了ボタンを押下しますとグラフが挿入されますので、お好きなサイズに調整してください。

6

Preview画面で確認しますと下記のようにグラフが表示されました。

7

このままReportsConnectから出力可能です。

値を追加したい場合には、グラフを右クリックしてChartdataを開きDetailsタブのAddを選択します。

8

「単価」と「売上個数」を先程と同じように設定します。

9

10

Previewで表示してみますと下記のようになります(個数は値が小さすぎて見えませんが)

11

※グラフはSummaryBand以外にも、PageFooterで同じように使用することが出来ます。

 

« Reports Connect for Salesforce / for kintone QRコードの出力 | トップページ | Reports Connect for Salesforce: json型式のパラメーターによるsubreportの作成方法 »

Kintone」カテゴリの記事

Reports Connect」カテゴリの記事

Salesforce」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482716/62255784

この記事へのトラックバック一覧です: Reports Connect for Salesforce / for kintoneグラフの出力:

« Reports Connect for Salesforce / for kintone QRコードの出力 | トップページ | Reports Connect for Salesforce: json型式のパラメーターによるsubreportの作成方法 »